新プロジェクト『簡易IoT(モノのインターネット)』

ゴールデンウィークも終わり、

いよいよ暑くなってきましたね。

社内でも、夏服に移行する社員がかなり増えてきました。

私はいまだに花粉症のような症状に悩まされていますが、

みなさまも体調管理をしっかりして、夏をむかえましょう。

 

さて、弊社では新しく「簡易IoT

(モノのインターネット)」に挑戦しています。

前回のブログで「Y-CAP」というプロジェクトが

始動した話をさせていただきましたが、

実はその前から水面下でIoTシステムの導入を目指して

活動していました。

 

 

最近では、IoT」という言葉を耳にする機会も

増えてきたように思いますが、IoTって何だ?」

と思われる方もいると思いますので、

簡単に説明します。

IoT(アイ・オー・ティー)」とは、

Internet of Things(インターネット・オブ・スィングス)」

の略で「モノのインターネット」と訳されているそうです。

私なりの解釈では、インターネットと私たちの生活・仕事

などを結び付けて、楽にかつ便利にしていく事だと

思っています。

(違っていたらごめんなさい。コメントでの指摘

待っています。)

現在はかなり安価でハードの購入も出来るため、

とっつきやすくなっているようです。

さらに詳しく知りたい方はぜひググってみてください。

 

 

さて弊社ではというと、工程進捗を

リアルタイムで見たい・日報集計の手間を無くしたい・

金型完成までの時間を知りたいなどの理由から、

導入にむけて社外の方の力を借りながら活動しています。

1回目の実証実験ではバーコードによる

工程管理を行いましたが、問題点も多く、試行錯誤の結果

PC・タブレットによる工程管理を目指し

2回目の実証実験を行い、現在は3回目の実証実験を

これから行う予定になっております。

 

 

 

 

このシステムにより、進捗管理だけでなく、

あらゆるムダの削減・機械加工の効率化・

金型1型にかかる時間とコストなども算出していきたいと

考えております。

この「簡易IoT」と「Y-CAP」の新しい二枚看板を武器に、

新しい”YASDA”を築いていきたいと思います。

ぜひ今後の安田精工にご期待ください。

 

それでは今回はこの辺で。

次回お楽しみに。

 

| - | 15:55 | - | - |pookmark
「Y−CAP」キックオフ

冬から春にかけての季節の変わり目で、体調管理が難しくなる時期ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?今年は鳥取、去年の9倍という花粉に見舞われ、つらい方にはますます過ごしにくい時期になっています(― ―;)ご健康には十分留意してください!

 

さて、春というと新しい生命の息吹を感じる季節ですが、心機一転、新しい取り組みをスタートさせるのにも

いい季節だと思います。

弊社安田精工でも新しい動き、「Y−CAP」活動の全社展開が2月7日に社長宣言にてキックオフ!、となりました!

 

 

 

「Y−CAP」この活動がどのようなものか、今回のブログで簡単にご説明していきたいと思います。

 

皆様、多分1度は耳にされたことのある「PDCA」サイクル。これは、はプラン(計画)、ドゥ(実行)、チェック(検証)、アクション(改善)というサイクルを回すものです。例えば、自動車を買おうとする(計画)買う(実行)実際に乗ってみた感想(検証)次の車への要望(改善)という流れです。

ただこれだと最初に現状の把握もままならないのにいきなり計画を立てねばならず、少々難易度の高い運動でした。

 

そういうこともあり現在では「CAPD」、つまり検証で現状の把握をしてから改善、計画、実行につなげていこうという新しい考え方がでてきています。弊社もISOにて「PDCA」サイクルを実行していましたが、より精度を高めるため、「CAPD」の考え方を取り入れることになりました。そうです!それが「Y−CAP」活動です!YはもちろんYASDAのYです😆

 

 

「D」がないがな!とお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、忘れたわけではありません(笑)

実行する!は言葉に出すまでもない!やるのが当たり前だから!という活動リーダーである専務の熱い思いが込められ、あえて外すことになりました!

 

この活動を通じ、YASDAがどう変わっていくのか、どう成長した姿を皆様にお見せできるのか?まだ始まったばかりの運動ですがご期待ください!!

| - | 10:17 | - | - |pookmark
2019年 年頭のご挨拶&安全衛生大会

全国のやすだびとファンの皆様お待たせいたしました。2ヶ月ぶりの更新でございます。今回のテーマは昨年末頃?におこなわれました安全衛生大会の様子を紹介いたします。

 

とその前に、安田社長より少し遅め(私も人のことは言えませんが・・・)

の新年御挨拶がございますのでまずはそちらから。

 

2019年 年頭のご挨拶 〜猪突猛進でHere We Go!!

 

                              安田精工株式会社 代表取締役社長

                                         安田 和雄

 

 

 新年明けましておめでとうございます!

 

…と申しましても、、「1月行く・2月逃げる(3月去る)」と云われる例年の上四半期、

既にもう早や2月を健やかに迎えられた皆々様にはずいぶん遅ればせの御挨拶になりますね。。そうです、弊社も長らくお付き合いのある中国ではいま、まさに旧正月、春節真っ盛り!!…ですので、この新年祝詞、どうぞご寛容下さいませ(微笑)。

 

 さて、小社はこの23日をもって創立52周年目を迎えました。平成もやがて終わる本年は社員一丸となって、社として変わるべき年、「変革ありき」の年にします。現場改善を通して各部門での業務成果最大化を図る「Y-CAP2020」活動推進、また簡易IoTシステムの導入で工程可視化を目指す実証実験、そして従来の運営方法を弾力的に見直してゆく「ISO9001品質計画」や「提案制度」等々、様々な手法手段を社内展開しつつ、都度、成果を吟味し評価付けしてゆきます。

 

 常日頃より弊社のモットーとして標榜する、お客様と寄り添いながら出来得る最大限のサービスを提供する「2.5次産業」の旗頭企業となるべく、今年も精一杯、頑張ってまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

新元号下に向け、更なる飛躍を誓う我がYASDAにどうぞご期待を=== ☆彡

 

 

それでは今回のテーマに入ります、今回のテーマ安田精工安全衛生大会はなにを隠そう昨年11月18日に開催されました。その様子を薄れゆく記憶の中、今更堂々と紹介いたします。遅くなりまして、ゴメンなさい!

 

安田精工安全衛生大会は社員の安全で衛生的な職場環境に対する社員の意識と知識を高めるべく毎年この時期に行っております。

ここ数年の安全衛生大会は二部構成で行っており、今年は前半消火訓練で後半は専門家より体操の指導を受けました。

 

まずは、消火訓練

日頃当社の防火設備で大変お世話になっている消防設備会社の社長様にアドバイをいただきつつ、消火器と消火栓の使用訓練を行いました。

 

 

消火器訓練は時間の制約で全員はできませんでしたが若手社員を中心に消火器の基本的な持ち方から消火剤を吹き付ける場所までしっかりと指導いただきました。

 

 

消火栓訓練は部門ごと(設計部門・機械加工部門・組立部門)に

実施しました。

 

 

コーンも吹き飛ぶ消火栓の威力、心強い味方です。

 

 

後半は、食堂へ移動し社会保険協会より紹介していただいた講師の方から健動指導を受けました。

 

 

運動のテーマは「健康寿命を延ばす運動」

やっぱり人間の究極の目標はピンピンコロリ

理にかなった運動です。

 

 

リズム運動で脳トレも交えながらスクワットを中心に普段使わない筋肉をイジメぬきました。

この体勢はかなりつらかったです。

 

 

終了後は筋肉痛で、普通に歩けるようになるまで、一週間かかり、

筋肉の衰えを実感しました。

 

短い時間でしたが、普段は工場の片隅にたたずんでいる消火栓がたくましく動いているのを見ることができたり、

日頃の運動不足も実感できたりと、充実した安全衛生大会でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは、また次回。

| - | 08:31 | - | - |pookmark